ニュージーランドの皆さんへ。National Standardsをご存知ですか?

ニュージーランドの小学校で、この2月に始まった新学期から、National Standardsと呼ばれる新しいシステムが導入されたことを、ご存知ですか?

National Standardsは、学習到達度を測るための国の定めた基準値です。
英語(Literacy)と算数(Numeracy)について、Year 0(5歳)からYear 8(13歳)までそれぞれの学年で期待される到達度レベルが示され、子どもたちは、基準に沿ったテストを受けて到達度を測られます。
その結果は、親に通知されることになっています。

私は、個人的に、このシステムの導入を危惧しています。
私たちの子どもたちのように、英語が第一言語でない子どもに不利に働くケースが多く出てくるのではないか、と思っているからです。

家庭で日本語を話している場合、学校に入学した最初の2-3年に関しては、英語はどうしても遅れ気味になります。同じように一年間学習しても、それでネイティブの子が求められるレベルに到達するケースは、子どもにも因りますが、おそらく、多数派ではありません。

政府は、ESOL対象の子どもたちに関してはThe English Language Learning Progressions という
別の基準を使う、と言っていますが、この基準からNational Standardsへ基準を切り替えるタイミングは、
学校に一任する、とされています。

ニュージーランドには、英語を第一言語としないこどもたちに英語の取り出し授業をするESOL(English for Speakers of Other Language)というシステムがあります。このブログを読んで下さっている方々のお子さんにも、このESOLを受けた方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ところが、このESOLの運用は、学校や教師の裁量に任されている部分が大きいため、運用の状況に大きなばらつきがあります。まあ早い話が、ESOL対象の子は、こっちの学校に行けばすぐにESOLを受けられるけど、あっちの学校に行っちゃったらなかなか受けさせてもらえない、なんてことになってるわけです。

うちの息子は、最初に入った学校では、半年間の間、結局ESOLを受けさえてもらえませんでした。ESOLを必要とする子どもの数が多く、順番が回って来なかったのです。今の学校は、転校手続きをした直後に教育省に連絡を取り、息子のためのESOLの予算を確保して、待っていてくれました。最初の学校での半年間は、彼の今までの人生の中で、最も辛い時期だった、と、最近になってやっと、本人が言ってくれるようになりました。

現状のESOLさえ公平に働いていない状況で、National Standardsの導入により、更に学校やクラス担任の裁量に任せる部分が大きくなってしまうことに、私は不安を禁じえません。子どもたちの英語のレベルを見誤り、間違った基準で判断したり、その結果、成績が取れないことで子どもたちに劣等感を抱かせてしまったり、といったケースが出てくるのではないでしょうか。

5歳で学校に入った後の2-3年間、ESOLの子どもたちに必要なのは、

「不自由な言葉で話しても、だれも自分のことを笑わない」

という環境です。その環境に身を置くことで、徐々に英語への自信を深め、友達と関わることで少しずつ言葉を確保してゆくのです。

テストで評価されるようになったとき、子どもたちは、特に英語環境に入りたての5-6歳の子どもたちは、果たして、「だれも自分のことを笑わない」環境に身を置いておけるのでしょうか。

また、同じESOL対象の子どもでも、母語がフランス語やスペイン語の子と、日本語や韓国語などが母語の子とでは、母語と英語との距離の差から英語の伸びに大きな開きがあるのが普通です。
The English Language Learning Progressionsは、英語が母語でない子の第二言語としての英語の発達を数値化し階層化したガイドラインです。でも、このガイドラインは、そういったところまで考慮してくれるのでしょうか?

「この間までいたフランス人の子は、2年でこのくらい伸びたわ。お宅のお子さんは、ちょっと伸びが遅いわね」

というのは、世界中の日本語が母語の親子によく浴びせられる誤解だということを、一体何人の教師が知っているのでしょうか。

子どもひとりひとりのバックグラウンドを無視して共通の基準値を持ち込み、それで子どもたちの能力を測る、という試みは、私にはいささか乱暴に思えます。せっかくのニュージーランドの「個を見る教育」の良さが失われてしまうような気がしてなりません。

もう一つ、とても危惧していることは、このテストの導入が子どもたちに対して英語のプレッシャーを与えかねない、ということです。

子どもたちは、National Standardsの内容に沿ったテストを受け、到達度を測られます。結果は学校の評判を大きく左右するでしょう。ESOL対象の子どもたちの英語の成績が振るわなかった場合、学校側が成績(評判)を上げるために

「日本語ではなく、家庭でも英語を」

という論調を再度、復活させてくるような気がするのです。

しかし、ESOL対象の子どもたちの英語の力を伸ばすために必要なのは、10歳くらいまで母語の力を年齢相応に保つことです。そのことが結局、将来の英語力や理解力、思考力に影響してくる、という説が、現在の主流です。ですから、5歳、6歳、といった、まだまだ母語が未完成な段階で第二言語としての英語力を測る、という考え方は、母語維持の観点からみると、とても危険なのです。母語が未完成な子どもたちに不必要な英語のプレッシャーをかけ、その結果ますます、将来の英語力がしぼむ、という結果になりかねないのです。

National Standardsに対する反対署名活動を行っている団体が二団体あります。
ひとつは、ウェリントンの任意団体。
もうひとつは、hands Up for Learningという団体です。興味のある方は、このブログにコメントを残して下さい。コメントは、私承認なしには公開されない設定になっています。コメントを頂いた方には、追ってこちらからご連絡差し上げます。

私は、今月の保護者面談で、自分の息子に対するNational Standardsの適応を、彼がY5(10歳)になるまで待ってもらうよう、学校と交渉するつもりです。

clst2 の紹介

ニュージーランド在住18年目に突入。なんでこんなに長くなっちゃったんでしょう?
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ニュージーランドの皆さんへ。National Standardsをご存知ですか? への3件のフィードバック

  1. pukeko のコメント:

    はじめまして。同じNZの南島のカイコウラに暮らすPUKEKOと申します。カイコウラにあれこれ9年近く暮らしています。新しいアドベンチャーを求めて新しい町に引越しすることを考えており、そのひとつがネルソンです。そんなことがありいろいろ調べている時にCLST2さんのサイトに遭遇しました。たまたまの出会いでしたがとても興味深いお話もありいろいろと読ませていただきました。
    我が家にも2人の男の子がいます。オットも日本人ですので家庭では基本的に日本語なのですがもうすぐ7歳の息子の会話はほとんどが英語、3歳の息子も英語のようです。もともと私は日本で図書館司書として子どもの絵本と子どもたちに関わってきたのでその経験を生かして「読み聞かせ」をはじめわらべ歌をうたったり子どもたちにもしていましが「仲間がいない」のが大きな悩みです。カイコウラには日本人の子は誰一人いません。親が基本ですが「子どもは子どもの中で育つ」と思うので仲間が居ない彼らには大きなハンディーです。日本人夫婦の家庭の子どもでも母国語を伝えて維持するのは難しいです。もしネルソンに引越しすることになでなれば是非「子ども文庫りんごのき」へ参加したいです。その時は私も読み聞かせや工作作りいっしょにしたいな~!
    また時々遊びきます。よろしくおねがいします。

    • clst2 のコメント:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      カイコウラにお住まいですか。つい半年前くらいまで、カイコウラの郊外に住んでいた日本人家族を知っています(今は引っ越して、いません)。男の子4人兄弟でした。もう少し早ければご紹介できたのに、残念です。

      言葉をつなぐのに、仲間の存在は大きいですよね。親がいくら頑張っても、やっぱり子ども同士の関係には敵わない、と日々思い知らされることしきりです。図書館司書のご経験がおありとのこと、ネルソンにスカウトしたいくらいですよ。もし、こちらへおいでの際は、是非ご連絡くださいね。

  2. 鉄火のマキ のコメント:

    はじめまして。英国在住で高校・大学生の子を持つものです。
    日本語の継承にはずっと心を砕いてやってきたので、そちらのブログを拝見しながら昔の自分を見ているような少し懐かしい気分になりました。
    私の昔のサイトに今でもお役に立てる部分があるかも知れません。
    http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Green/9267/

    さて、国が子供の学習到達度に基準値をつけることを心配されていらっしゃるようですが、イギリスはかれこれ15年位前から導入し、これで学校全体のレベルの底上げに成功しています。こちらは移民家族の多い地域と裕福なエリア間の公立校の格差が異常にあるため、共通のものさしがないと、それまで学年トップで優秀だと思っていた子が転校したとたん劣等生になり「井の中の蛙」状態だったのに気づくのでは困ったことになってしまいます。

    プレッシャーを感じるのは子供達よりむしろ先生方の方ですね。先生としての自分の評価に直結しますので。
    イギリスでは、Year 2, Year 6, Year 9 にこの全国テストを受けますが、特に低学年でのテスト時に子供に緊張を与えるようなことは無いよう配慮されていました。むしろこの低学年時に正確にアセスメントしておくことで、6年生になって自分の子供の Learning Curve を把握できるのは大変意味のあることです。小学校時代にはずれの先生に当たってしまうことが無いとは限りませんから…

    幼児期に母国語で豊かな言語刺激と愛情を受けて育ったお子さんは、学校で英語に言語がスイッチしても皆さん上手くいっています。最初はスペリングや文法のエラーだらけでも、empathy力が育っているので主人公の心を読み取ったりといった読解能力はすぐに評価してもらえるようになりますよ。
    これからが楽しみですね。

コメントは停止中です。