いろいろ、新たに知ったこと

自分の学校の今期のレポートのテーマに「年少のEFL(English as Foreign Language)学習者のための、HTML5を使ったWeb教材開発」など選びまして、まあ必要に迫られいくらか文献を読みました。

そこで、今まで私が自分の子どもに日本語を教えてきた経験や、それから志を同じくする仲間たちとともにやってきた経験上から、「たぶんそうなんじゃないかなあ」と思っていたことが、実はけっこう文献で裏付けられていたことが、わかってきました。

経験というのは、個人的なものです。

個人的なもの、ということは、それを以って普遍的なセオリーを組み立てることはできない、ということです。つまり、

「うちの子は、毎日2時間の読み聞かせをした結果、日本語を話すようになった」

という体験談があったとしても、それが、別の子の場合でも有効かどうかは「やってみなくてはわからない」という状況に置かれる、ということです。そして、「やってみた」としても、「毎日2時間の読み聞かせ」という具体的な方法以外の部分で、あるいはその方法そのものの中身においても、様々な条件の違いがあって、必ずしも同じ結果を導くとは限らない、ということです。

うちの息子は、12歳になりました。

メインの教育はずっとニュージーランドで英語で受けてきましたが、どうやら、思考言語は日本語みたいです。日本語で考えている、と本人も言います。英語の成績は、とびぬけて良くはありませんが、特別な配慮がいるほど悪くはなく、第二言語として学んでいることを考慮に入れれば十分な到達度だ、と学校からは言われています。スペリングの弱さだけは、まあ何とかしたほうがよさそうですが。

12歳、という段階に絞っていえば、日本語維持教育が成功している事例、と言ってもいいかな、と思います。ただ、これが将来的にいいこととなるか、それともこのせいで今後の英語が伸び悩み苦労することになるのかは、まだわかりません。だから、最終的に自分のやってきた方針が子どもにとってプラスになったかどうかの判断は、おそらくさらに10年後の仕事なのだと思います。

いま、ネット上には、海外で子育てしている日本人の方々の「体験的」日本語維持情報があふれています。そういう意味では、情報はたくさん得られる時代になりました。

では、その情報の『有益性』、つまり、本当に「自分にとって」あるいは「自分の子どもにとって」役に立つのかどうか、を見極めるのは、簡単ではありません。なにしろ、「試してみなくてはわからない」のですから。

でも、それじゃ困りますよね。

子供の成長は、待ってくれませんもの。

セオリー、とまでいかなくても、何か、子どもに日本語を残したいと願う親子が目指すものと、そのための環境整備の指針になるようなフレームワークをつくれたらいいなあ、とか、情報交換のためのネットワークをつくれたらいいなあ、とか、そんなことをずっと前から考えていました。今年一年、英語で学術論文を書く勉強をしながら、論文の読み方やセオリーの組み立て方を学び、いつか、何かの形で発信できたらいいなと思っています。

そうそう、先日ネットで知り合った研究者の友人に聞いたのですが、学問の世界で「研究者」として認められるには、ともかく論文を一本書いて発表すればいいんだそうです。しかも、論文発表に立場の縛り{例えば、どこかの大学に所属していなくちゃいけない、とか)は何もなく、だれでもできるんだそうです。

なんかね、研究、って一般の人まで届きにくいんですよね。

でも、例えば日本の言語聴覚士(Speech Therapist)の草分けである中川信子さんは、わかりやすい言葉で、子どもの言葉の問題に悩むお母さん方へ向けての本を書かれています。その中には、専門的な知識がやさしいことばで、でも必要なことがきちんと示されていて、いつの間にか専門分野の知識を注ぎ込んでもらえます。

私自身は研究者でもなんでもなく、ただの、少しばかり興味のある一般人、というレベルですが、中川さんのようなアプローチができる研究者にだったら、なってみたい気がします。研究の結果を一般の人たちの生活の中に溶かし込んで役立てていくような、そんな橋渡し役ができるようになれたらいいな、と思います。

カテゴリー: わたしのへや | タグ: , , , | いろいろ、新たに知ったこと はコメントを受け付けていません。

1年ぶりです。

忘れていたわけではないのですけれど、学生生活が多忙すぎてとてもブログの管理まで手が回っていませんでした。

いや、ニュージーランドの学生って、ほんとによく勉強します。

それで、この忘れ去られていたブログをどうして動かす気になったかというと、実は今年、専門学校が最終学年に入り、レポート形式の論文を2本書くことになっているんです。そのテーマに、第二言語教育用のWeb教材構築を選びました。専門にWeb構築を選んだものですから。

で、まずは来月末までに1本、3000語の短いものを書きます。とはいっても一応、成績の付くものですから、それなりに文献なんかも読まなくちゃならないわけですよ。で、今まで読みたかったけれど読む暇のなかった第二言語教育関係の論文をぽちぽち読んでるんですけど、なんか、その記録を残さないのはもったいないな、って気がしちゃって。

英語でのprogress reportは別のブログに書くことになっているんですけれども、日本語でも残しておきたいなあ、と。

それで、久しぶりに動かしてみることにしました。

以前は、結構、定期的に見に来てくださる方がいらっしゃったんですけど、たぶん、もう少なくなっちゃったでしょうね。

まあいいや、ぼちぼちやってゆきます。

まず、手始めに読み始めているのが、これです。

Brave New Digital Classroom

第二言語教育の現場へのデジタル教材の広がり方と、その使い方を検証した本です。Kindleで出ているのがありがたかったです。

結局、デジタル教材、というのは、それを使う教師の指向性にものすごく影響を受けるのですよ。どう使うか。あるいは、何のために使うか。

CALL (Computer Assisted Language Learning) というのは、一時期、語学教師たちの間で魔法のように取りざたされた時期もあったそうです。しかし、著者のRobert Blakeは、「デジタル教材に対する過度の期待と間違った認識」が今でも多くあり、その結果、デジタル教材のあり方は正しく理解されているとは言えない、としています。

デジタルは語学の習得に貢献できるのか。興味深いテーマです。

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | 1年ぶりです。 はコメントを受け付けていません。

そろそろ終わりかな。

って、ブログが、って意味じゃないです。

息子は、今月11歳になります。
思いがけなく海外で子育てすることになって、たまたま仕事の関係で事前に知識を得る機会があったこともあり、思いっきり意識して「にほんご」を育ててきました。

息子は、今、日本語での話し言葉や読み書きに不自由は感じていないそうです。
話す、聞くは、日英どちらでもそれほど困らない。読み書きは、どちらかと言えば日本語の方がラク。(これは正直、ちょっとまずいんじゃないか、という気がしないでもないのですが、息子の担任はこのまま日本語の学習も続けるように、と言ってくれています。)
漢字力は年齢より約2年遅れです。読解力は何とかぎりぎり年齢相応、という感じで来ています。
書き言葉の文法の不正確さが、ちょっと気になるところです。
読み聞かせは、年齢相応の児童文学に進みました。

日本語の力に支えられたおかげで、家庭でのサポートをほとんどしてやらなかった英語のリーディング、ライティングも、去年、ほぼ年齢相応に追いつくことが出来ました。(正確には、月齢より3~4か月遅れ、と言われています。特に語彙力には、まだいくらか問題があるようですが、特別なフォローが必要なレベルではないそうです)。

生後11か月から続けてきた日本語教育も、なんて言うかな、なんとか基礎はつけてあげられたかなあ、と思っているところです。この先は、もう本人のモチベーション次第。もちろんサポートは続けますが、もう一緒に遊んだり、歌ったり踊ったり手遊びしたり、絵本を読み聞かせたりしながら日本語を育てる段階は、どうやら終ったみたいだなあ、と思います。そろそろ、どの段階で手を引くべきか考える時期になってきました。

現段階の記録。
読み聞かせ 「トム・ソーヤーの冒険」(岩波書店版、石井桃子訳)
音読 「丘の上の学校から」(光村小5教科書「銀河」より)
通信教育 「がんばる舎 4教科版 小4」4月分終了
漢字 小3過程学習中、小1復習ドリル
英語の読書 「Danny, the Champion of the World」ロアルド・ダール
英語の算数 分数学習中(小4相当)

カテゴリー: こどもべや, わたしのへや | タグ: , , , , , , , | そろそろ終わりかな。 はコメントを受け付けていません。

「聴く力」がすべて

息子を持って以来、二言語環境での子育てや母語を維持することによるバイリンガル教育に興味をもって、自分なりのペース、自分なりの方法論でコツコツと独学してきました。でも、独学、なんて高尚な言葉を使ってもいいものかどうか。実践を交えた手探り、悪あがき、と言った方がいいのかもしれません。

元々、この分野(二言語環境で育つ子どもの言語発達)というのは、既存の様々な研究分野に裾野が広く浅く重なります。保育学、幼児教育学、教育学、学習障害や自閉傾向のある子どもたちへの関わりから派生した特殊教育学(この名称は、個人的には好みませんが、学会の正式名称なので準じます)ディスレクシアの研究から発展した読字教育学、脳科学、読書教育学、心理学、社会学、言語社会学、民俗学などなど。

ネットで論文や識者のブログを読んだり、その中でこれはと思う書籍に行き当たったら読んでみたり、人に話を聞きに行ったり、思いついた事を息子を実験台に実践してみて結果を見たり、と、まあ、学術的とはとても言えませんが、一介の母親、としては、出来る範囲で頑張って来たつもりです。

でも、それはなかなか形になってゆきませんでした。形になってゆかない、というのは、系統立てて説明出来ない、ということです。すべての「どうして?」に答えられるようになって、初めて『形になった』と言えるんだろうなあ、と思ってきました。それは、過去に何度かあった、投げかけられた疑問に答える事が出来なかった悔しさに由来します。

「なんでわざわざ、ニュージーランドで暮らしてるのに日本語なんて教えるの、英語をやらせなさいよ」とか
「本さえ読ませていればそれで満足なの?」とか。

もう、何年も前の事なのにね。自分は以外と執念深いんだな、と痛感しました。笑。

でも、その『執念』が、何だかここへ来て、少しずつ『形になり始めた』気がします。

そのきっかけになったのは、「プルーストとイカ」でした。本の中で取り上げられているサンプルは英語ではありますけれども、「読む」という行為に脳内の音韻処理が深く関わっている、という事実が理解出来、なにか、今まで混沌と感じていた事がすっきりと見えてきました。

海外での日本語維持は、幼児期に日本語を「聴く力」をどれだけ養えるか、がポイントです。
だから、読みきかせであり、遊びなんですね。

自身の備忘録も兼ねて、時間のある時に少しずつ書いてゆこうと思います。

カテゴリー: わたしのへや | タグ: , , , , | 「聴く力」がすべて はコメントを受け付けていません。

ついに来た、この質問。

息子が、友達に聞かれたそうです。

「キミのお母さんは、どうしてキミより英語が下手なの?」

って。

いつかは、来る、と思っていました。

これ、今後の日本語維持が上手くいくかどうかの分かれ目です。子どもの周囲、特に親しい友達が、自分の親と、私との「違い」の本質に気がつき始めた、ということです。ここで、子どもが友達に対して、自分の親のことを「恥ずかしい」と思ってしまうと、今後の日本語に対するモチベーションは、がた落ちです。これをきっかけに話さなくなった子、『お母さんの英語は恥ずかしいから友達の前で話さないで、日本語を話すことを知られたくないから日本語でも話さないで(→要するに、自分に関わってくれるな、と言っている)』という理不尽な要求を突きつけた子。そんな話を今まで何度も聞きました。

言葉が下手だ、というのは、短絡的に「頭が悪い」に結びつきやすいですからね。本当は、言葉、というのはただの表層ですから、知性の一環ではあるけれども、それがすべてではないのです。でも、その部分はなかなか、子どもには理解出来ません。

でも、大丈夫。すべてはこの瞬間のために、5年前からコツコツ仕込んで来たんですから。

「お母さんは、子どものころに英語の学校に行ってないからだよ。でも、日本語だったら誰にも負けないよ。アンタの学校で、日本語も英語も話せるのは、あなたとお母さんとお父さんだけだし、お母さんは今、英語の人たちに混じって学校に行ってるけど、英語の人たちより成績いいでしょ。下手に聞こえるかもしれないけど、それは発音が悪いだけだよ。」

うわーすっごい手前味噌だ、と思いながら話しました。

でも、こういう事は、息子はもうすっかり理解しているんです。息子の友達をせっせと家に招いたのも、拙いながら彼らと話をしようと努力したのも、一生懸命頑張って学校に顔を出し、ペアレントヘルプも出来るだけやり、折り紙教えたり持ち寄りランチに巻き寿司を持って行ったりしたのも、すべて、この疑問が出る日のためだったんです。下手な英語しか話せなくても、息子の友達に大人として信用してもらうために。

だから、正直なところ、全然心配していません。
息子は、きっとうまくやってくれるでしょう。

大体、周囲がこういう疑問を持ち始めるのが、女の子で8~9歳、男の子で10歳ぐらいのようです。ここが、分水嶺です。ここをうまく超えるか超えられないかで、ティーンエイジにその矛先が子ども自身に向かって来たときの、自身の心の持ちように差が出ます。

実はこのところ、息子と醜いケンカが絶えず、頭を抱えていました。自分の学校の期末レポートと、息子の学校の行事ごとと、Japanz.Kidzと、夫の長期出張が重なって、さすがにオーバーワーク気味になり、私がちょっとキレやすくなってたのです。とてもじゃないけれど人様になんて暴露出来ないようなことが、この2週間ほど頻発しました。子育て間違ったかな、と、内心だいぶ落ち込みました。

けれど、息子の落ち着いた態度を見ていたら、たぶん、ここまでの子育ては、そんなに大きく間違ってはいなかったんじゃないかな、という気がしました。

カテゴリー: わたしのへや | タグ: , , , , | ついに来た、この質問。 はコメントを受け付けていません。

長谷川摂子さんご逝去に寄せて

児童文学作家、絵本作家の長谷川摂子さんが、18日に逝去されたそうです。

http://www.asahi.com/obituaries/update/1023/TKY201110230279.html

言葉遣いの美しい文章を書く方でした。
一度聞いただけで子どもの耳に残り、何度も遊びの中で繰り返してしまうようなゆかいでリズミカルなフレーズをたくさん「発明」した作家さんでした。代表作「めっきらもっきら どおんどん」に出てくるへんてこな歌や、「きょだいな きょだいな」の「あったとさ あったとさ ひろい のっぱら どまんなか」というフレーズがいつも子どもたちのお気に入りであるように、転がるようなリズムと温かな視点に裏付けされた言葉で、言葉遊びや詩の楽しさを、たくさん子どもたちに伝えてくれた方でした。

鹿児島のおはなし会で、6歳の男の子が読んだ

「りんご りんご りんご りんご
 りん りん りん 
 りんごのなかで すずが なっている」
 (後略)

という詩がありました。こんなに単純なのに、「りん」という音の響きの透明感を見事に表していて、それでいて子どもにも楽しめる言葉遊びの要素を含み、「これはいい!」と、一度聞いただけで完璧に憶えてしまいました。その後、自分のおはなし会でも使ったりしたのですが、いったい誰の作品なのか、ずっとわかりませんでした。

その後3年経って、文庫に寄付していただいた古い「こどものとも」の中にこの詩をみつけたときの、思わず笑顔が沸き上がってくるような、懐かしい子どものころの気に入りのおもちゃをおしいれの隅にみつけたような、瑞々しい喜びを今も記憶しています。この詩の作者も、長谷川摂子さんでした。

「ふっふっふ
 こちらは じごくまち
 えんまだいおうちょうの うけつけ
 じごくにおちたいかたは どなたかな」

という「きょだいな きょだいな」の一節は、子どもたちに大人気です。でも、ご自身のその瞬間に長谷川さんが聞かれたのは、きっと天国からのお褒めの言葉だったろうと思います。何しろ、何十年もの長きに渡って子どもたちを楽しませてくれる、美しい言葉の数々をたくさん残して行かれたのですから。そして今後も、その言葉たちはきっと子どもたちに語られ、これからの未来を支えてゆくのですから。

長谷川さんの残してくれた多くの物語を、子どもたちに伝えてゆくのは、私に与えられた仕事のひとつだと思います。
心からご冥福をお祈りします。ご存命のうちに是非、一度お目にかかりたかった、憧れの作家さんのお一人でした。

カテゴリー: わたしのへや | 長谷川摂子さんご逝去に寄せて はコメントを受け付けていません。

自分には何が出来るのだろうか

自分を取り巻く世界は、今、どこまで広いのか、と、思います。

飛行機にのって10時間で到着する国では、今も収束の気配がないまま、目に見えない毒、のようなものが空気に乗っています。それは今でも出ているのかいないのか。誰にその答えが出せるというのでしょう。

そこよりもずっと近い、飛行機で3時間ほどの海は、座礁したコンテナ船から流れ出た重油で真っ黒く染まっています。リゾート地として人気の高い、美しいビーチでした。つけた足跡は瞬く間に波に洗われ、また元の滑らかに濡れた砂に戻る、そんな無窮の繰り返しを、想像力さえ及ばぬほど彼方の昔から、繰り返してきたであろう場所でした。

そういう幾多の、地球規模の災難が今、どこかで現実に起こっていて、けれど私とその周囲の生活は変わらずに続いています。
この不公平はなんなのだろうか、と。

自分のこの手で、この足で、この体ひとつで、出来ることって何だろう、と考えるようになりました。
誰の手も借りず、機械の非人間的な利便性に頼らず、出来ることってなんだろう、と。
私はどのくらい歩けるのだろう、とか。
どのくらいの荷物を運べるのだろう、とか。
私は、空を見て天気の変化を読めるのだろうか。森の中で道に迷ったら、まずは水を得られるのだろうか。身ひとつで危険を察知することができるのだろうか。

こういう能力が無くなったことを、人類は「文明」と呼んで来ました。
でもそれは、本当に歓迎すべき変化だったのだろうか。いま、私にはわからなくなっています。

こんな妄想を持ちました。

有機物を食べて土に還すことの出来るミミズは、身ひとつで放射能の除去が出来るのだろうか。
もし出来るのならば、ミミズの方が人間より本当は高等なのかもしれない、と。

カテゴリー: わたしのへや | 自分には何が出来るのだろうか はコメントを受け付けていません。

またしても近況など

すっかり放置していますが、一応ここの存在を忘れてはいないです。

FBやMi:teでご一緒して下さっている方はご存知でしょうが、clst2はこの7月から学生しております。ニュージーランドは、高校で教科として日本語を教えている国で、ですから正式に日本語を教えることができる教員資格があるのですね。その資格を取るためのコースに行きたくてずっと英語を勉強していましたが、2年かけても結局、英語の資格試験で基準点をクリア出来なかったんです。

そこで、ちょっと回り道をすることにしました。地元の国立の専門学校でLevel7(大卒相当)の資格を取ると、教員養成コースに入るための英語の資格試験が免除になることが分かったんです。そこで、7月からその専門学校に通っているわけです。専攻は、IT。今まで見たこともなかった、コードだの開発言語だのデータベース構築だのに囲まれた毎日を送っています。こういう生活が、少なくともあと1年半。その後、教員大学へ入学を許可されたとして、そこからさらに、フルタイムで1年。時間もかかりますが、費用のことを考えるとちょっと頭が痛いです。

さて、果たして教師にたどり着けるのでしょうか。

カテゴリー: わたしのへや | またしても近況など はコメントを受け付けていません。

とりあえず、最初の一歩

最近、「プルーストとイカ」だとか、「ことばをはぐくむ」とか、「コンピューターが子どもの心を変える」とか、そんな感じの本を読んで、その結果、心理学的見地からとか、専門的な言語療法の分野からとか、脳科学者の提言とか、まあそんなものを自分の中にいれてぐつぐつ煮立てて混ぜ合わせているところです。

相変わらず、何をやればいいのか混沌としています。ですが、少し前に、とにかく日本語の「音」を出せるようにしなければ、と直感的に思って、主催する日本語学習会「Japanz.Kidz」に音読を取り入れました。それから約一年が過ぎ、何と言うか、確実、とまでは言えないまでも今までよりはずっと手応えのある結果が得られていること(何しろ、入学して1年が過ぎても子ども同士が英語で話し出さないのです!)などで、ぼんやりとですが、まあ、道が見えて来た感じがします。

最近は、とにかくおせっかいをしないようにしています。
言葉の問題は家庭の選択だから、その家庭なりのスタンスがあっていい。
ただ、どこかでつまづいて、少しアドバイスが欲しい、と思っているひとが私たちのグループを訪ねて来たら、その時に助け舟を出せばいいんだな、と思えるようになりました。これも年の功なのでしょうかね。

でも、もし本気で日本語を維持したければ、出来れば早い段階で、自分の子どもの日本語がいま、どのくらいの段階にあるのか気がついてほしいなあ、と思います。出来れば4歳代までのうちに。
子どもの発話の7割くらいが英語になってきてしまった状態で小学校に入ってしまうと、さすがに取り返すのが難しいので。

子どもと日本語で話してゆきたい、と思っている乳幼児のお母さんたち。
親の問いかけに対する日本語での返事が少なくなって来たら、ちょっと気にかけてあげて下さいね。

カテゴリー: わたしのへや | タグ: , , , , , , , | とりあえず、最初の一歩 はコメントを受け付けていません。

近況など

ご無沙汰しました。半年に一回更新のブログ、と成り果てていますが。

2011年前半は、本当に大変な幕開けを迎えてしまいました。ニュージーランドに住む日本人は、みな、そんなやりきれない思いを抱えて、日々の生活を営んでいるだろうと思います。クライストチャーチの震災で被害を受けた方、そして日本の震災と津波で被害を受けた方のこころとくらしに、一日も早く希望の光が灯ることを念じてやみません。

この3か月ほどの近況です。

クライストチャーチの地震発生直後、日本のメディアから依頼を受けて現地入りし、取材班のお手伝いをしました。個人的に思うところが多くあったのですが、それはこの場には記しません。その3週間後に、今度は日本の、あの未曾有の大災害が起こりました。

ネットで日本の報道を見ながらも、これが今、現実に起こっていることだとは、どうしても信じられませんでした。その映像は、私の想像力の限界をはるかに凌駕するものだったのです。

すぐに、私の周囲でも、義援金集めの動きが起こりました。そのひとつふたつに関わり、4月下旬まで、義援金を集めるために週末マーケットのストールに出向きました。冬になり、マーケットの人出が減ったことを機に、その活動を一段落させたところへ、日本の両親がこちらへやってきました。

わずか1週間の滞在でしたが、思いの外老いた両親の姿を目の当たりにして、これもまた、思うところがいろいろありました。毎年、帰国の折りに会ってはいたのですが、70年あまりを同じ土地で暮らして来た彼らは、ある意味、「固定化」された世界の住人です。そんな「彼らの世界」から抜け出して来た父と母は、今まで私の知らなかった、別の姿を見せました。悔しいような切ないような、奇妙な体験でした。

そういった数ヶ月を過ごして、私自身には大きな、もちろん外見のそれではないのですが、やはり大きな変化が訪れたと思います。気づき、といういい方の方がしっくり来るのかもしれません。では、そういう気づきがあったのかと言うと、おそらく、「保証された明日」という概念のあまりの心もとなさ、なのだろうと思います。

少し気が抜けてしまって、いろいろやる気が失せているのですが、そろそろ建て直さねばなりませんね。

「プルーストとイカ〜読書は脳をどのように変えるのか?」を読んでいます。「読む脳」の知られざる側面を次々と知らしめてくれ、今までなかなか答えを見つけられずにいたいくつかの疑問に、うっすらとですが答えが見つかりはじめています。

少なくとも、

「日本語を維持するのにどうして読み聞かせが必要なの?」

という質問には、もう、なんとか答えられそうです。

カテゴリー: わたしのへや | タグ: , , , , | 近況など はコメントを受け付けていません。